キャッシングが家族・会社にばれないための4つのポイント

本人確認の電話で
ばれないためのポイント

契約内容・本人確認は携帯電話宛に

キャッシングやカードローンの種類や場合によっては、契約内容や本人確認が行われます。この確認は、申し込みの際に申告した電話番号宛に電話にて確認されます。ですので、このような連絡先には自身だけが利用する携帯電話で登録しましょう。

会社にばれたくないなら在籍確認に要注意

キャッシングやカードローンには「在籍確認」といって、申込者が申し込み時に申告した勤務先で実際に働いているのかを確認する電話があります。 この電話はほぼ必須になっているのですが、どうしても勤務先に電話をされると困る場合などはキャッシングの担当者に相談することでなしにできる可能性があります。 もし、在籍確認をなしにできなかったとしても、キャッシング会社名を名乗ることは絶対にありません。ですので、「クレジットカードの審査で電話が来る」と会社に伝えておくなどすればばれる心配はありません。

返済遅延をしたときはすぐに電話を

契約内容・本人確認と在籍確認を終えたら、基本的には電話で連絡されることはありません。しかし、月々の返済日に返済が間に合わなかった場合は、担当者から電話で連絡が来ることがあります。 急に電話が鳴ってしまうと焦ってしまい、その態度から家族などにばれてしまうかもしれません。返済期日に間に合わなかったときは、担当者に自ら電話をして返済期日に間に合わなかった旨を伝えましょう。

郵送物で
ばれないためのポイント

最初の申し込みはインターネットで

キャッシングやカードローンによっては、電話やFAX・郵送での申し込みでは審査結果が郵送で送られてくることがあります。多くのキャッシングでは、インターネット申し込みをすれば審査結果をEメールで受け取ることができ、自宅への郵送物で家族にばれる心配がなくなります。

契約は店頭窓口・無人契約機で

契約には、
・来店契約
・郵送契約
・Web契約
から選べるキャッシングが多くあります。 郵送契約やWeb契約の場合、契約書類やカードが自宅に郵送されてしまいます。インターネットでの申し込み後に、カード受け取りを店頭窓口か無人契約機にすることによって郵送物なしで契約を完了することができます。

返済遅延をしたあとは必ず連絡を

返済遅延をした場合、まずは電話での連絡が来ます。しかし、その連絡に応じなかった場合は催促状が郵送されてきます。 延滞したときは必ず連絡に応じる、もしくはこちらから連絡しましょう。

一人暮らしの場合や、既に家族がキャッシングを利用することを知っている場合には郵送物に注意する必要がありません。 同居人にばれても問題がない場合は、知人にばれないようにインターネットでの申し込みにして、窓口などへの出入りを見られないようにしたほうが良いでしょう。

カードで
ばれないためのポイント

キャッシュカードでキャッシングを利用する

基本的にはカードを使ってATMからお金を借入・返済を行います。万が一、財布の中身を見られてキャッシング用のカードを見られてしまった場合には隠しようがありません。 そういった場合、みずほ銀行カードローンのようなキャッシュカードで借入可能なものを利用すると、カードを見られてばれるという心配はありません。

カードなしキャッシングを利用する

カードを隠しておき、ネットキャッシングだけでキャッシングすることもできます。ですが、隠し場所を忘れてカードを紛失してしまった場合は面倒です。 モビットのようにWEB完結で全てのやり取りができるキャッシングならば、カード発行がされません。 カードを持っていることが知られてしまいそうな場合は、カードなしキャッシングをすると不安はありません。

利用明細で
ばれないためのポイント

提携コンビニ・銀行ATMでの利用を避ける

プロミス専用ATMなど、専用ATM以外を利用すると利用明細が後日郵送される場合があります。 これは消費者金融や銀行のカードローンかによって異なりますが、基本的には利用明細の発行は貸金業法で決められています。専用ATMならばその場で発行されますが、提携先ATMだと発行できないので後日郵送されるので注意が必要です。

振込キャッシングも利用しない

提携コンビニや提携銀行のATMを利用するときと同じく、振込キャッシングを利用した際にも利用明細は郵送されます。 確実に郵送を避けたい場合は、専用ATMのみを利用するようにしたほうがいいでしょう。

Web明細サービスを利用する

アイフルなどでは、利用明細を郵送ではなくWebの会員ページにて発行できます。 Webでの明細は希望しなければ利用できませんので、契約時にWeb明細希望の旨を申告しましょう。 これによって専用ATMを利用した場合も利用明細が発行されることがなくなります。 また、Web明細サービスを利用する場合は、提携先ATMを利用しても振込キャッシングを利用しても明細書は郵送されてこずWebで確認できます。

キャッシングで
ばれないためには

キャッシング利用時には、電話や郵送物によってばれるか、カードや利用明細が見つかってばれるかです。その際に何に注意すればばれないかをいくつか述べましたが、どんなキャッシングを利用しても以下の項目だけは行うようにしましょう。

キャッシングがばれないものもありますので、そちらを利用することも一つの方法ですが、どんなキャッシングでもばれにくくできます。 「ばれるかも……」とびくびくしているとばれてしまいますので、なによりも「堂々と利用すること」が重要です。